キャンプ準備編その2 キャンプ場の探し方 後編

キャンプ
めご
めご

こんばんは!めごです。お昼寝してて遅くなりました…
ごめんなさい。

今回は【キャンプ場の探し方・後編】になります。
前編の続きになりますので、よかったら先に【前編】を見てね!
今回はメールでのお問い合わせのめごが使っているテンプレートなんかも書いてみたよ!それでは続き行ってみましょう!~

予約を実際にしてみよう!

さて、予約の方法ですが3種類あるよ!

その1 WEB予約だ!

この場合は、WEBサイトの指示に従い、自分が気に入った区画などを入力し、予約したらOKです! ↓こんな感じで聞いてきてくれるので入れていったらOKだよ。

有名なところで【なっぷ】さんが有名で、【キャンプ】【予約】などで検索するとまず1つ目に出てくるくらいなんだ。せきれ家でも登録はしているんですけどね。。。
予約取れたためしがあまりない。。。orz まぁ、だからこそ地道に調べる力はついたんだけどね。

完了メールが飛んでくるので、キャンプ当日まで必ず保管しておき、当日はサッと取り出せるようにしておこうね!

その2 電話突撃だ!

WEBサイトがないキャンプ場さんも多いよ。例えば上記のなっぷさんで見つけても、WEB予約がない場合は、サイトのホームページに行って、予約メールを送ったり、電話したりすることになるよ。めごの場合は、大体電話突撃が多いです。
特にホームページも持っていない!というキャンプ場さんの場合、そもそもメールなんかを見ておらず、返事が来なくてやきもきすることもあるので、この場合は電話することになるんだけど、電話予約のほうが比較的予約が取れる確率が高い気がめごはしてます。

こんな感じで電話したらOKだよ!

電話での予約の場合、ホームページがあるのであれば、ホームページを表示した状態で電話する方が、いろいろ電話口の人に相談できて便利だよ。
おすすめの区画であったり、注意点であったりなどなど電話口で聞けるから実はめごは電話予約派です。(仕事はIT系なんだけどね。ITの力ばかりではだめだというのも知っている…)
電話の場合、細かな区画の状態であったり、水はけのじょうたいなども聞けるからおすすめだよ。

その3 メールを送るぜ!

この場合は、自分が希望するサイト、日程、折り返しの電話番号などを記入しメールを受け取った相手が困らないように書くのがコツ
めごは下記のように書いているよ

———————————–
はじめまして、せきれ家めごと申します。
この度御社様サイトを拝見し、下記日程でキャンプを申し込みたく存じます。お手数ではございますがご対応お願いできますでしょうか。

・キャンプ希望日:*年*月*日~*年*月*日 1泊
・キャンプ場利用人数:大人2名
・希望区画:***もしくは++++
・折り返し電話番号:***ー***ー****
・折り返しmailアドレス:****@++++.jp
・質問事項:
・御社様サイトでは焚き火をおこなっても問題ございませんでしょうか。
・炭の販売は受付で行っておられますでしょうか。
など、具体的に1問1答でこたえられるようにまとめる。

ご不明点ございましたら、ご面倒ではございますが*時~*時の間でお電話いただくか、もしくはメールにてご連絡いただければ幸いです。
返信お待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。
———————————–

こんな感じ。テンプレートがあればそれを使えばいいんだけど、お問い合わせフォームになっていないところも多いからこんな風に書いたらいいと思うよ。
今のところ、これで問題になったことはせきれ家はないです。

これで予約できればOK!いっぱいで予約できなかった場合は、前編の【■候補の中から、実際に宿泊したいキャンプ場を決める】 から繰り返すんだ。
こうして無事に予約できたら、キャンプ場によっては【予約できたよ!】ってはがきくれたりするけど、【全く連絡くれない】ってキャンプ場も多いので、1週間くらい前になったら1回電話して、「+月+日にお世話になります、せきれ家めごです。当日の注意点などありますか?」って感じで電話して、ちゃんと予約できているか確認してるよ!海外旅行の一昔前にあったリコンファームみたいなもんですわ。でもさ、なんか【え、なんか信用してないみたいでいやな奴やん?!】ってならないために、めごはなんかの適当な理由を付けて、電話をかけてます。大概の場合は当日持っていった方がいいものとかありますかね?」みたいな感じで聞くと、嫌みなく聞けるよ!

それでは!今回もありがとうございました!
次回はお出かけ準備編なんかも書くよ~~

コメント

タイトルとURLをコピーしました